体にいい食べ物でコンビニで買えるのは何がある?栄養のある食べ物を紹介!

手軽で便利なコンビニは体に良くないかな?と思いつつも、つい利用してしまいますよね?

コンビニ食でも体にいい食べ物が選べるなら、健康を気にする人なら意識して選びたいですよね。

そこで、コンビニで買える体にいい食べ物を

  • 野菜や果物(じゃがいもは含まず)
  • 茶色い炭水化物
  • オリーブオイル
  • ナッツ類

の5項目に着目して紹介します。

コンビニ食が多く、健康が気になる方は商品選びに役立てて下さい。

目次

体にいい食べ物でコンビニで買えるのは何がある?

体にいい食べ物、と一口に言っても効果・効能は食品ごとに様々で何を選ぶべきか迷ってしまいます。

そこで、発売からたった10日間で10万部を売り上げた大ベストセラーの「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」に記載されている5項目に該当する食べ物を項目ごとに紹介します。


参照:アマゾン

冒頭でも紹介しましたが、今回紹介する5項目とは

  • 野菜や果物(じゃがいもは含まず)
  • 茶色い炭水化物
  • オリーブオイル
  • ナッツ類

となっています。

この5項目は、本の執筆者である津川 友介氏が提言する健康に良いかどうかで分類した5グループで最も健康に良いと分類されたグループに属す5項目です。


参照:https://toyokeizai.net/articles/-/217690?page=4

それぞれの項目ごとに体にいいとされる理由の解説を交えつつ、コンビニで購入できる食べ物を紹介しますね。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 魚 編

体にいい食べ物は「魚」です。

これを聞いて「なんで?」と首を傾げる人は少ないでしょう。

TV番組や書物などでも、さかんに魚は体にいいと紹介しています。

体にいい食べ物とされる魚、特に青魚は健康維持に有効である事が様々な研究によって立証されています。

魚に含まれる主な成分は

  • DHA
  • EPA
  • タンパク質
  • カルシウム
  • ビタミン群
  • etc

と、健康に良い成分が豊富に含まれている事が判ります。

魚を食べる事で期待できる具体的な健康効果は

  • 前立腺がんリスクの低下
  • 心筋梗塞リスクの低下
  • 子宮がんリスクの低下
  • 骨粗しょう症予防
  • ボケ防止

など、多岐にわたり研究されその効果が立証されています。

それでは、コンビニ食でも摂れる魚について具体的に紹介していきましょう。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 魚 編1 サバ


参照:https://www.sej.co.jp/

最近のコンビニでは、各社のプライベートブランド商品が充実していて画像のように、鯖の塩焼きや味噌煮などを買う事が出来ます。

参考画像ではセブンプレミアムの「さばの塩焼」を紹介していますが、各社それぞれのプライベートブランドでも同様の商品が販売されているため、普段利用しているコンビニでも探してみましょう。

鯖(さば)にはDHAやEPAが多く含まれていて、コンビニで買える食べ物の中でも体にいい食べ物です。

高血圧の方向けに低糖質や塩分を控えめにしている商品も多く、コンビニ利用が多い方は意識して買いたい商品の一つです。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 魚 編2 鮭


参照:https://www.sej.co.jp/

鮭もDHAやEPAを多く含む魚の一種。

体にいい食べ物を選ぶ事を念頭に置く場合は、おにぎりの具を鮭にするなどではなく、切り身などでしっかり一品目としておかずにしたいところです。

やはり、プライベートブランド商品などで取り扱うコンビニが多く、コンビニで手軽に買う事が出来る魚となっています。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 魚 編3 ししゃも


参照:https://www.sej.co.jp/

同じくプライベートブランド商品で見かける、ししゃもは骨ごと食べる事が出来るため、カルシウムも摂れる魚です。

おつまみイメージが強いですが、おかずとして一品加えるだけでも食事のバランスが良くなりますよ。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 野菜と果物 編

野菜や果物も体にいい食べ物に分類されています。

主にビタミンや食物繊維を摂取する事で、体の調子を整える役割を果たします。

今回はあくまでもコンビニで買える食べ物、つまり特定地域や特定店舗だけで取り扱うことがある、生野菜やフルーツは省いて紹介します。

添加物などを考慮すると、コンビニで購入できる商品数は少ないですが体にいい野菜と果物をご覧ください。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 野菜と果物 編1 野菜スティック


参照:https://mognavi.jp/food/1662225

コンビニで購入できる野菜と言えば、サラダを思い浮かべますね。

野菜スティックなどの「生野菜」は体にいい食べ物としておすすめです。

生野菜やフルーツには食物酵素が含まれています。

食物酵素は熱に弱いため、食物酵素を効率よく摂りたい時は野菜スティックなど「加熱処理をしていない」野菜を購入しましょう。

野菜スティックは大根・キュウリ・人参などが定番ですが、これらの野菜は酵素を多く含む野菜です。

特に大根を生食すると、消化を助ける消化酵素によって食事で摂った栄養を効率よく消化吸収できますよ。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 野菜と果物 編2 カットフルーツ


参照:https://7premium.jp/product/search/detail?id=6275

最近のコンビニでは、カットフルーツなども購入できます。

画像にあるりんごを例にした場合、有機酸を多く含む事から血液や血流の浄化作用や便通の改善などの健康効果が期待できます。

バランスが乱れがちな食生活を送っている方は、デザートとしてカットフルーツを食べるようにしましょう。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 茶色い炭水化物 編

私たち日本人にとって、白いお米はソウルフードと言っても過言では無いですが、「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」によると、白い炭水化物は体に悪い!とはっきり断言されています(泣

筆者も白米が大好きなので、なんとも悲しい事実ですが健康を意識した食生活を考えた時は、「茶色い炭水化物」を摂りましょう。

そもそも茶色い炭水化物とは

  • 玄米
  • 雑穀
  • ライ麦
  • そば粉
  • 全粒粉

などの穀物を指しています。

コンビニで購入できる茶色い炭水化物をみていきましょう。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 茶色い炭水化物 編1 低糖質パンや全粒粉パン


参照:https://www.yamazakipan.co.jp/index.html

白米などに代表される「白い炭水化物」が健康に悪いと言われる一番の原因が、糖質にあります。

コンビニでパンを購入する際は、「低糖質」と記載されている商品や「全粒粉」と記載されている商品を意識して選ぶと良いです。

また、ライ麦パンなども茶色い炭水化物なのでOKですね。

ランチの際に、茶色いパンを一斤・・という訳にもいかないですが、総菜パンなどを購入する際も、なるべくバンズに茶色い炭水化物を使用している商品を手に取るように心がけましょう。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 茶色い炭水化物 編2 お弁当は雑穀米や玄米を選ぶ


参照:https://www.sej.co.jp/

一時期、雑穀米ブームがあったこともありコンビニのお弁当でも、白米を雑穀米や玄米に差し替えてある商品が売られています。

画像のように、電子レンジでチンするだけのレトルトパウチでも玄米ごはんなどを買う事ができます。

雑穀や玄米も、白米と比べた時にミネラルや食物繊維を多く含むため「体にいい食べ物」となります。

白米は美味しいですが、糖質を多く摂り過ぎてしまう原因となるため、生活習慣病の予防などを意識して、ぐっとこらえて茶色い炭水化物に置き換えてみてはいかがでしょうか?

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの 茶色い炭水化物 編3 そば


参照:https://travel-noted.jp/posts/17954

いかにも和食!というイメージがある「そば」もおすすめです。

食欲が沸かない時でも、そばなら食べられると購入する機会も多いのではないでしょうか?

そば粉も茶色い炭水化物なので体にいい食べ物です。

ここで、ちょっと「そば」にまつわる雑学を。

江戸っ子と言えば、「そばっ食い」のイメージありますよね?

実は、江戸の庶民がそばを食べるようになったきっかけが、「健康に良いから」なのをご存知ですか?

江戸時代、江戸近郊に住む町民たちの食事事情は私たちの想像よりも”豊か”でした。

特に、白米に関しては「年貢」や「給料の代わり」として大量に集まる江戸では、多くの町民が割と普通に白米をお腹いっぱい食べていました。

そんな食事事情もあり、田舎から江戸に移り住む人が「江戸にいると」体調を崩す不思議な現象が起こり始め、「江戸の病」と恐れられました。

この、江戸に来ると体調が悪くなる原因が、白米ばかり食べている事による「ミネラル欠乏症」で、江戸町民でそばを食べる人は体調を崩す事がなかったそうです。

この事から、江戸で生活するなら「そばを食べないと」体調を崩す、として健康食という意味で江戸っ子がそばを食べるようになったのです。

このエピソードからみても、白米ばかり食べていると健康に悪いという事ですね。

白米が続いているな、と感じたらたまにはそばも食べましょうね。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの オリーブオイル 編

私たちの食生活に、「油」はかかせないものです。

そんな油ですが、オリーブオイルは体にいい食べ物として有名です。

オリーブオイルにはオレイン酸が含まれており、悪玉コレステロール値を下げて生活習慣病の予防に効果がある事が実証されています。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの )オリーブオイル 編1 EXバージンオリーブオイル

参照:https://www.sej.co.jp/

コンビニでも、オリーブオイルが販売されています。

オリーブオイルは大別すると

  • EXバージンオイル
  • ピュアオイル

の2種類がありますが、健康効果が高くそのまま摂取できるのはEXバージンオイルになります。

オレイン酸はどちらのオリーブオイルにも含まれていますが、ポリフェノールなどの微量成分はEXバージンオイルに含まれるため、より体にいいオリーブオイルを選ぶならEXバージンオイルを選びましょう。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの )オリーブオイル番外編 オリーブオイルをどう使う?

コンビニでオリーブオイルが買える・・と言われてもそのまま飲むのは気が引けますよね?(そのまま飲む人もいるようですが)

そこで、筆者おすすめのオリーブオイル活用法を一つ紹介します。

それは【ドレッシングの代用品】として使う事です。

イタリアンレストランなどでは、割とポピュラーな使い方なのでご存知の方も多いと思いますが、サラダなどにオリーブオイルを回しかけて、その上からお好みでハーブソルトなどを少しかけると美味しいですよ♪

サラダが健康に良いからと、ダイエット中の女性がランチなどでサラダだけを食べているのを見かけますが、ドレッシングをドバドバかけてしまっては、意味が無くなってしまいます。

体にいいオリーブオイルをデスクに忍ばせておいて、サラダを食べる時にサッと取り出して食べれば、オシャレでしかも健康的なランチを楽しめます。

くれぐれも、ハーブソルトのかけ過ぎには注意してくださいね。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの ナッツ類 編

高カロリーなイメージがあるナッツ類ですが、「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」によると、体にいいい食べ物に数えられています。

ナッツ類は、確かに脂質を多く含むためカロリーは高い傾向にあります。
しかし、ナッツ類が含む脂分は不飽和脂肪酸。

意外にも、ナッツ類の脂質は太りにくい脂質という事になります。

また、ミネラル類や食物繊維といった栄養素も豊富で高血圧予防やがん予防にも効果がある事が判っています。

コンビニでも買えるナッツ類をみてみましょう。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの ナッツ類 編1 ピーナッツ(皮付き)


参照:https://www.sej.co.jp/

おつまみの定番、ピーナッツですがコンビニで購入する時は以下の点に注意して選びましょう。

  • 皮付きである事
  • 食塩不使用である事

食塩不使用については、塩分の摂り過ぎ防止なので判りやすいですね。

ピーナッツの皮には、ポリフェノールの一種である「レスベラトロール」が含まれているため、なるべく皮付きのピーナッツを選びましょう。

同じピーナッツなら、皮付きの方が抗酸化作用が高くおすすめです。

レスベラトロールの効果は、抗酸化作用だけに留まらず美容効果やアンチエイジングにまで効果があるので、意識して食べるようにしたいですね。

ちなみに、食べ過ぎには注意!

高カロリー食品である事は確かなので、1日20粒程度でも充分な健康効果が期待できますよ。

体にいい食べ物でコンビニで買えるもの ナッツ類 編2 カシューナッツ


参照:https://www.sej.co.jp/

コンビニで買えるナッツ類として、カシューナッツもおすすめです。

カシューナッツの栄養素で特徴的な点は、「亜鉛含有量」です。

疲労回復や味覚の正常化などの効果を持つ亜鉛は、成長を促す作用がある事も知られています。

カシューナッツは、ナッツ類の中でも亜鉛含有量が多い食べ物です。

最近疲れやすい・・と感じている方は亜鉛不足かもしれません。

カシューナッツを食べて、亜鉛を取って疲労回復に役立てましょう。

ピーナッツに比べて、ちょっと大きいカシューナッツの目安量は1日でおよそ10粒程度。

ピーナッツ同様、食べ過ぎないように注意しましょうね。

体にいい食べ物でコンビニで買えるものナッツ類 編3 ミックスナッツ


参照:https://www.sej.co.jp/

ナッツ「類」と言うなら、ミックスナッツでいいじゃない!

もちろん、そんなアバウトな感じでも問題無しです。

ミックスナッツには、アーモンドやクルミにピーナッツ、さらにはカシューナッツとバランスよくナッツ類が入っています。

一袋を一度に食べるのはちょっと食べ過ぎですが、ナッツ類が持つ様々な健康効果をバランスよく享受できるという意味では、ミックスナッツがおすすめです。

1日あたりの摂取量目安ですが、各種類を1~2粒ずつ食べる位が丁度いい摂取量となります。

体にいい食べ物 でコンビニで買えるのは何があるまとめ!

今回は、冒頭でも触れた通り一部コンビニなどで取り扱う商品ではなく、全国どこのコンビニでも購入できるであろう商品から、体にいい食べ物を紹介しました。

コンビニで食事を済ましてしまいがちな忙しい方も、当記事で紹介した体にいい食べ物を選び、出来るだけ健康的な食生活を送ってくださいね♪

コンビニ食が健康に悪いと言われる所以は、添加物や過剰な「糖」や「塩分」です。

医食同源という言葉もあるように、健康維持のために食生活を見直して健やかな生活を送るための一助になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください