リポビタンDを飲むタイミングで効果時間は変わる?いつ飲むのか、効き目を調査

「ファイト一発!」のキャッチコピーでおなじみのリポビタンD。

疲れた時や風邪を引いた時に飲む方も多いと思いますが、皆さんはどのタイミングで飲んでいますか?

タイミングは人それぞれで、朝起きた時に飲む人もいれば、日中仕事の合間や寝る前に飲む人もいると思います。

せっかく飲むなら、1番効果的なタイミングで飲みたいですよね!

そこで今回はどのタイミングで飲むのがいいのか?

飲む時間で効き目は変わるのか?など調べていこうと思います。

関連記事:リポビタンDを寝る前に飲むと効果は朝に感じる?風邪の時にも飲んで良いのかを調査

 リポビタンDの飲むタイミングはいつ?朝・昼・晩のどこ?

では、もっとも馴染みのあるこちらの商品に含まれる成分を基に見ていきたいと思います。

引用:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%…

リポビタンD1本(100ml)中に含まれる栄養分は

  • タウリン 1000mg
  • イノシトール 50mg
  • ニコチン酸アミド 20mg
  • チアミン硝化物(ビタミンB1) 5mg
  • リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2) 5mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
  • 無水カフェイン 50mg

となっています。

リポビタンDを飲むタイミングとして効果的な時間は明確には決まっていないようですが、含まれている成分から考えると、食後2時間後がベストだと感じています。

夜眠る前や、満腹である、食事のすぐ後は避けなければいけません。

なぜそのタイミングがベストなのかを、含まれる成分と共に詳しくみていきます。

チアミン硝化物(ビタミンB1)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)

リポビタンDにはビタミン群で主に使用されるビタミンB群が多く含まれていることが分かると思います。

ビタミンB群は水溶性なので、食後すぐに摂取すると食べ物の脂によって吸収が悪くなる恐れがあります。

特に、脂っこい食事の後には注意が必要です。

また、空腹時や体調が優れない時は胃が荒れる可能性があるのでこちらも注意が必要です。

これらのことから、食後2時間程度経ってから飲むのが効果的だと考えられます。

無水カフェイン

無水カフェインとありますが、これはコーヒーなどに含まれるカフェインと同等の作用があり、インスタントコーヒーに1杯に含まれているカフェインが約65mgなのに対し、リポビタンDに含まれるカフェイン量は50㎎です。

容量に対して、結構な分量が含まれていることになりますので、夜寝る前に飲む場合、このカフェインの作用で眠れなくなることがあるかもしれません。

このことから、朝起きた時、もしくは仕事に出かける前に飲む人が多くいるようです。

リポビタンDを寝る前に飲みカフェインを取ると朝に元気になれる?

リポビタンDを寝る前に飲んで寝ると朝元気になるのでは?って思う人もいるかもしれませんが、その点に関してはこちらにまとめましたのでご覧ください。

→ 関連記事を公開

リポビタンDを眠い時にとるのは遅い?効果はあるのか。

眠い時にカフェインの効果を期待して飲む人もいるかもしれませんが、眠い時にカフェインを取るのは本当に効果があるのでしょうか?

栄養ドリンクには、カフェインの他に糖分やビタミンB群が含まれていますが、カフェインで脳を覚醒させ、糖分が脳や体の活動源になり、ビタミンB群で代謝を上げ、これらの相乗効果で効くように作られています。

通常、ドリンク剤は錠剤などに比べて体内吸収が早く、即効性が期待されます。

個人差はありますが、だいたい30分前後で効き目が出てくるようです。

しかし、カフェインは睡眠物質のひとつであるアデノシンという物質が神経作用に働くのを邪魔して眠気を減らし、眠気を感じにくくしただけで眠気を無くしてくれたわけではありません。

アデノシンは起きている間、どんどん脳にたまっていくので、カフェインが分解され、脳内の濃度が下がってくると強い眠気を感じてしまいます。

さらに、カフェインには利尿作用があり、眠気を抑えようと沢山飲んでしまうとトイレに行く回数も増え、脱水状態になることも。

脱水状態になると身体がだるく、やる気もなくなりさらに眠気が強まる恐れもあります。

また、カフェインが含まれているので、食後の眠気対策にリポビタンDを取る人も多いと思います。

確かに、カフェインには覚醒作用を強める働きがあるので効果的と言えますが、カフェインを取りすぎると不眠症や高血圧になる恐れもあるので注意が必要です。

タウリン

タウリンは含留アミノ酸という栄養成分のひとつで、体の細胞を正常な状態に戻し、疲れを解消してくれる働きがあるので、なんだか身体がだるい、重いと感じる朝に飲むことで効果が期待できそうですね!

リポビタンDの飲むタイミングはいつ?まとめ

一般的には疲れた後、すぐに飲むと、早く疲労回復ができる商品として紹介されているので、内容を考えると1番は元気がほしい時だと感じます。

Twittrの声でも、このように飲むと効果があるという声が多かったです。

関連記事:リポビタンDを寝る前に飲むと効果は朝に感じる?風邪の時にも飲んで良いのかを調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください