スキーウェアは普段着として着れる?メンズの普段も着れるおしゃれスキーウェアを紹介

スキーやスノーボードを趣味にしている人なら、スキーウェアを持っていると思います。

ゲレンデの寒さを凌げるスキーウェアは、防寒着として優秀ですが普段着として着るにはちょっと抵抗がありますよね。

見た目がいかにも「スキーウェアです」というデザインだと、普段着としては着づらいですが、中には普段着と併用できるスキーウェアもありますよ♪

そこで今回は、普段着としても着れるメンズのスキーウェアを紹介します。

今シーズンはウェアを新調する予定の方や、年に数回しか着ないスキーウェアを普段着としても活用したい!という方は参考に役立ててください。

スキーウェアを普段着として着るのはアリか

まず、素朴な疑問としてスキーウェアを普段着(アウター)として着るのはアリなのかナシなのか。

結論から言えば、【スキーウェア】を普段着に用いるのはかなり難しいと言えます。

理由として基本的に、スキーウェアの場合はデザインや配色がゲレンデで映える物が多く、スキーウェアと一目で判るウェアが多いからです。

ただし、スキーウェア全てが普段使い出来ない訳ではありません。

そこで、普段使いに適したスキーウェアと普段使いが厳しいスキーウェアの違いを紹介します。

現在持っているスキーウェアが、普段使い出来るかの判断材料や新調時の選び方に役立ててみて下さい。

また、記事後半で普段使いも出来るオススメウェアとして「スノボウェア」を紹介しています。

カジュアルファッションと親和性の高い、スノボウェアの方が普段使いしやすいアイテムが多いので、スキーウェアに拘らず柔軟なウェア選びをするのも大事ですよ♪

普段使いを意識したスキーウェア選びのポイント

スキーウェアを普段使いも見据えて選ぶには、いくつかポイントがあります。

ゲレンデに映えるデザインを重視すると下図のような迷彩柄だったり


参照:https://pmall.gpoint.co.jp/g-ranking/ranking.php?themeid=19223

蛍光色のカラフルなデザインになりがちですが、さすがにこれらのスキーウェアは普段使いできません。


参照:アマゾン

一面の銀世界であるゲレンデなら、上記のようなウェアの方が目立つしカッコいいとは思いますが、タウンユースするには派手すぎます。

普段使いを意識したスキーウェア選び:色

普段使いを意識するなら、スキーウェアの色は黒やダークブラウン系が無難です。

例えばフェニックスのウェアを例に比較してみると、全く同じ商品であっても、赤や青は普段使いするには難しいですが


参照:https://www.sportskan.co.jp/ec/item/phx-ps672ot35

黒なら、まだ普段使いにも耐えられそうですよね。


参照:https://www.sportskan.co.jp/ec/item/phx-ps672ot35

単純な事ですが、普段使いを意識してスキーウェアを選ぶなら色合いは落ち着いた黒系がオススメです。

また、ツートンカラーなどになっているウェアなら、配色の組み合わせにも気を配りたい所です。

例えば、下図のように黒ベースであっても首周りのカラーが雪柄だと、やはり「いかにもスキーウェア感」が強く出てしまいます。


参照:アマゾン

全く同じウェアの、配色違いをみてみましょう。


参照:アマゾン

全く同じスキーウェアでも、配色の組み合わせが違うだけで、受ける印象が大きく変わるのが判ります。

全体的に落ち着いた色合いでまとまっているスキーウェアの方が、普段使いのアウターとして使いやすくなるので、購入時は意識して選んでみてはいかがでしょうか。

普段使いを意識したスキーウェア選び:デザインと質感

色と同じように意識したいのが、スキーウェアのデザインや質感です。

普段使いを意識するならデザインはシンプルなウェアを

スキーウェアに多く見られるのが、ワンカラーではなく差し色が施されたデザインです。


参照:https://tobuy.jp/active/sports/post-19


参照:https://www.letaoapp.com.tw/yahoojp/auctions/item.php?aID=q301133797

ロゴやラインが目立つようなデザインは避けて、シンプルなデザインのスキーウェアを選ぶ方が、普段使いした時に違和感なく着ることができます。

スキーウェアの質感はマットがオススメ

スキーウェアの質感は、大別すると「テカテカと光沢があるタイプ」と「光沢を抑えたマットな質感」の2種類があります。

最近のスノーウェアは、マット加工されたテカりを抑えた質感が主流になっていますが、機能性重視のスノーウェアなど光沢が目立つウェアもあります。

例えば、有名どころで言えばSALOMON(サロモン)の高機能性ウェアなどは、普段使いするには少し光沢が強いので難しいかもしれません。


参照:楽天市場

昔は、スキーウェアと言えばナイロンっぽいテカテカした質感と、派手な見た目というイメージが強かったものですが、ゴアテックス素材が開発され広まってからは、パッと見ただけでは普通のアウターに見えるようなスキーウェアも増えてきています。


参照:http://www.sidecarshop.com/item/0138229-1.html

続いては、普段使いしやすいオシャレでオススメのスキーウェアを具体的に紹介していきます♪

普段使いと併用OK!おすすめスノボウェア

ここまで、普段使い出来そうなスキーウェアの選び方をお伝えしてきましたが、やはり違和感を感じる!という方も居るかもしれません。

しかし、ウェアのファッション性も重視したスノボウェアなら、無理なく普段使いと併用できるアイテムが多くあります。

今シーズン、新たにウェアを新調しようという方は、是非参考に役立てて下さいね!

BURTON(バートン) MB DUNMORE JACKET


参照:https://item.rakuten.co.jp/victoria-online/106173994011/

最初に紹介するのは、BURTON(バートン)社から販売されているMB DUNMORE JACKETです。

パーカー付きで着膨れしにくいデザインで、普段使いにも最適♪

見た目は普通にカッコいいパーカーに見えますよね。

気になるのはウェアとしての性能ですが、そこは流石のバートン社。

耐水性や透湿性に優れたTHRMOLITE(サーモライト)素材を使っているので、スノボウェアとしての機能もしっかりと有しています。

価格は21,890円(税込・楽天市場の価格となっています)。

現在時点(2019年11月14日)で、楽天市場で同商品を購入出来るのはMサイズとLLサイズのみとなっていて、他サイズは完売中です。

購入者のレビューでサイズ感について書いている方もいるので、購入時の参考に役立ててみて下さい♪

身長173の私にはMサイズでもややゆったり感があります。生地や質感はさすがバートン。物を見ずにでも安心して購入できました

引用元:https://item.rakuten.co.jp/victoria-online/106173994011/

身長172cmの痩せ型のためSサイズを購入。私にとってはちょうど良かったです。少し腕の部分が長いような気もしますが慣れると思います。また、このウェアはデザインがカッコよくて買って良かったです。BURTONの公式サイトにはSサイズがなかったのでここで買えて良かったです。

引用元:https://item.rakuten.co.jp/victoria-online/106173994011/

バートンのスノボウェアは一押しでオススメです。
購入サイトへは下記から飛べますので、気になった方はチェックしてみて下さいね♪

BILLABONG(ビラボン) VELOCITY


参照:https://item.rakuten.co.jp/murasaki-sports/010201eeah01m755/

スキーやスノボをしている方ならお馴染みの、BILLABONG(ビラボン)から発売されているウェアもオススメです。

光沢を抑えたマットな質感と、細身のシルエットが特徴的なスキーウェアで、フード部分は着脱可能となっているので普段使いする際もコーデの幅が広がります。

価格は20,020円(税込・楽天市場での価格)で、現在購入が可能なのはブラックのMとLのみとなっています。

サイズ選びの目安としてサイト内で紹介しているのは

■サイズ目安■
【M】着丈:76cm 身幅:63cm 肩幅:48cm 袖丈:71cm
【L】着丈:78cm 身幅:66cm 肩幅:49cm 袖丈:73cm

引用元:https://item.rakuten.co.jp/murasaki-sports/010201eeah01m755/

上記のようになっています。

画像のモデルは身長181cmでMサイズの着用という事なので、体格が普通~細身の方ならMサイズを選べば問題なく着ることが出来そうです。


参照:https://item.rakuten.co.jp/murasaki-sports/010201eeah01m755/

紹介している販売サイトへは下記から飛ぶ事ができますよ♪

お手軽価格が嬉しいストレッチジャケット

楽天市場で、普段使いにも使えるデザインのスノボウェアを見つけたので紹介します。


参照:https://item.rakuten.co.jp/go-island/bjk141100-2/

楽天市場内にあるGO!ISLANDというお店で見つけた、普段使いしやすそうなスノボウェアです。

価格が6,999円(税込)とリーズナブルで、デザインも普通のアウター感覚で着れるシンプルなタイプとなっています。

カラーリングも7色展開しており、商品到着から30日以内ならサイズ・カラーの交換にも対応しているのは嬉しいサービスですね。

購入者の口コミも上々ですが、スキーウェアとしての機能性は少し劣るという感想もチラホラ見かけました。

153センチ。
中にパーカーを着るので少し大きめにと思いMを購入。着てみるとブカブカだったので、すぐにサイズ交換の電話をしました。ショップの店員さんの対応も良かったです。ワンサイズ下げてSにしましたが、XSでも大丈夫だったかも…。
まだ着てませんが、生地が薄いので晴れの日用で着ようかと思います。
.
その後着用してゲレンデに行った際、途中雨からの雪が降ってきました。撥水は殆どありません。中に着込まないと寒いです。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/257219_10000669/1.1/?l2-id=item_review

若者向けのタイトな作りなので、サイズ選びにご注意を。
スノボではなく普段着として使用するつもりです。
ポケットにジッパーがついているのが私的にはGood。
商品には満足しています。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/257219_10000669/1.1/?l2-id=item_review

どうしてもシンプルなウェアが欲しかったので購入。
色もデザインも写真通りで満足しいてます。
サイズ交換OKというのが魅力的でしたが、サイズもちょうど良かったので交換は無しにしました。
このお値段でこれだけのものが買えるならまた機会があれば購入しようと思います。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/257219_10000669/1.1/?l2-id=item_review

天候が良い時用や、普段使いをメインにできるスキーウェアを探している方は、一着持っておいても良いかもしれませんね♪

販売サイトには下記から飛ぶ事が出来ます。

スキーウェアは普段着として着れる?メンズの普段も着れるおしゃれスキーウェアを紹介:まとめ

スキーウェアを普段着として着る時は、色やデザイン・質感などに着目した上で着る事をお勧めします。

ただし、スキーウェアとして販売されているウェアは、全体的に普段使いに向かない物が多いのでご注意を。

普段使いも視野に入れるなら「スノボウェア」を購入した方が、デザイン性も高くおすすめです。

当記事が普段使いできるスキーウェア選びや、持っているウェアを普段使いするかどうかの判断材料として役立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください