ゴールドスタンダード偽物の見分け方!成分や賞味期限の表記の違い アイハーブは危険?

ゴールドスタンダード、この言葉を頼りに当記事をご覧になっているという事は・・身体、鍛えてますよね?

言うまでも無く、ゴールドスタンダードとは海外で高い人気を誇る、オプティマム社から販売されているプロテインの事です。

しかし、人気が高い商品に付いて回るのが「偽物」の存在。

そこで今回は、ゴールドスタンダードの偽物を見分ける方法や、最も安くゴールドスタンダードが購入できると話題のアイハーブ(iHerb)の安全性についてお伝えします。

ゴールドスタンダードと言えばアイハーブ!偽物はあるのか

ゴールドスタンダードの偽物が出回っている、という情報を聞いて不安に思っている方も多いと思います。


参照:https://www.optimumnutrition.jp/goldstandard.html

まず、事実としてゴールドスタンダードの偽物・粗悪品を販売する悪質な通販サイトや、店舗は確かに存在しています。

しかし安心して欲しい点として、ゴールドスタンダードの偽物が横行しているのは「主に海外である」という事です。(特にインド圏やアメリカで被害が多いようです)

ゴールドスタンダード自体が、海外の製品なので当たり前とも言えますが、日本では信用のおけるサイトや店舗に偽物が混じっている可能性は極めて低いと言えます。

アイハーブは安心できるサイトなのか

アイハーブ(iHerb)とは、アメリカのカルフォルニアに本部を構え、サプリメントから美容コスメなど様々な商品を手掛ける通販サイトです。


参照:https://coolfitness.jp/as_long_as_cheep/

海外通販サイトでありながら、他の通販サイトに比べて安くゴールドスタンダードを購入出来るとして、筋トレ系Youtuberや他のブログなどでもアイハーブを勧めている人が多いですね。

結論を言えば、アイハーブは安心できるサイトと言えます。

現状、アイハーブで販売されているゴールドスタンダードが偽物だったという報告は無く、通販サイトとして成功し日本でも多くの顧客を抱えるアイハーブがリスクを抱えてまで偽物に手を出すとは考えにくいでしょう。

偽物商品の横行は本国であるアメリカでも多数報告されているため、それを理由に「アイハーブは危険」というデマが広がっているのかもしれません。

アイハーブは、製造元から直接ゴールドスタンダードを買い付けているそうなので、今後も偽物が出回る可能性は極めて低く、安心できる通販サイトと言えます。

コストコでも買える!偽物の心配はあるのか

身近なところで、コストコでもアイハーブを取り扱っており、手軽に購入する事が出来ます。

ネット通販でお馴染みのボトルタイプではなく、大袋に入っているなど若干の違いはありますが、コストコで取り扱っている商品も正規品となっています。

コストコについても、買い付け先などのルートは確立されているハズですし、現状「偽物が売っていた」という明確な報告や証拠も無い事から安心して買える店舗であると言えます。

ネットで見かける偽物騒動の真偽は?

日本国内の正規流通ルートでは、偽物が出回っている報告は無いものの、ネット上ではこのように「偽物かも?」という情報が乱立して混乱と不安を招いています。

偽物説が出回る理由①購入先が不明

SNS上で、偽物だった!という情報を書き込んでいる人に多く見られるのが、「どこで購入したか」が明確になっていない事が挙げられます。

価格が正規品に比べて、明らかに安すぎるような「怪しいサイト」でゴールドスタンダードを購入していて「偽物だ!」と騒ぎ立てている可能性も否定できず、信憑性にも欠ける情報と言わざるをえません。

偽物説が出回る理由②先入観や情報不足

「ゴールドスタンダードに偽物があるらしい」

この情報が頭に入った状態で、少しでも違和感や部分的な情報を頼りに間違った判断を下してしまう危険性もあります。

偽物説が出回る理由③判断基準が不明瞭

偽物に気を付けろ!という情報サイトやSNSの投稿は多いものの、何を基準に正規品と偽物を見分けるべきか、基準が不明瞭な事も偽物説を助長しています。

今後に備えて正しい知識を!

お伝えしてきた通り、日本国内の「正規販売ルート」で購入したゴールドスタンダードは安全であると考えて間違いないと言えます。

しかし、海外で偽物が横行しているのは事実で、今後日本国内でも偽物が出回る可能性や、手にしてしまう可能性は0ではありません。

プロテインは決して安い買い物ではありませんし、何より「口に入れる物」なので、真贋を見分ける知識を持っていて損はありません。

続いては、ゴールドスタンダードの偽物を見分けるポイントや購入時の注意点を紹介するので、参考に役立ててください。

ゴールドスタンダードの偽物を見分ける方法

ここからは、偽物と本物を比較して違いを見分ける方法を紹介していきます。

ラベルにシワがある

日本では考えにくいような違いですが、海外の粗悪品には「ラベルにシワがある」という、パッと見で偽物と判断出来る商品があります。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=mxLb0O2-9q0

海外に比べて、日本人は「商品の見た目」にこだわる傾向があるので、店頭販売されていたら手に取る人は少ないと思いますが、通販サイトなどで購入して届いた商品にシワがあったら偽物を疑った方が良いかもしれません。

QRコードにアクセスしてみる

ラベルに記載されているQRコードにアクセスしてみるのも偽物を見分ける方法になる場合があります。


参照:http://xn--u9j0jydt23kq00cfdwb.net/nutrient/protein/goldstandard-nisemono/

本物なら、オプティマム社の公式サイトに飛びますが、偽物の場合はQRコードが無かったり、無関係なサイトが表示されます。

本物なら下図のような公式サイトが表示されます。


参照:https://www.optimumnutrition.com/en-us/products/protein-products/whey

QRコード無しや別サイトへの移動が確認出来た場合は、偽物である可能性が極めて高い証拠となります。

ボトルの蓋に注目する

まずは、本物の蓋を見てみましょう。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=d5p_BnsPglE

本物は、蓋部分はビニールで覆われ中心にONのロゴが見えるようになっています。

また、金色の部分にはホログラムが施され同じくONの文字が見えるようになっています


参照:https://www.youtube.com/watch?v=LujOnyZW2kA

偽物の場合は、蓋の部分が本物と異なっている場合があります。

蓋のビニールが付いていない


参照:https://www.youtube.com/watch?v=d5p_BnsPglE

偽物は購入した時点で、蓋がビニールで覆われておらず剥き出しの蓋になっている場合があります。

ビニールはあっても金色の封が無い


参照:https://www.youtube.com/watch?v=zKP64rUX4mU

ゴールドスタンダードの蓋に、金色の封が無い場合も要注意です。

蓋の上部にシールが貼ってある


参照:http://xn--u9j0jydt23kq00cfdwb.net/nutrient/protein/goldstandard-nisemono/

アラを隠すかのように、蓋の上部にシールが貼ってあるような商品も偽物である可能性が高くなります。

本物は、上図のような安っぽい広告シールが貼ってある事はありません。(販売元が本物に張り付けてしまう可能性も0ではありませんので多角的に判断しましょう)

ボトルの底面

ボトルの底面で偽物を見分ける事が出来るケースもあります。

本物のボトルの底は真っ直ぐな線が入っていて、凹凸がハッキリした形状となっています。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=mxLb0O2-9q0

一方、偽物の場合は線がハッキリしていなかったり、凹凸が少なく境界線があやふやに見えます。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=mxLb0O2-9q0

溝がハッキリしていないボトルの底になっていたら、偽物を疑う材料の一つになります。

付属の軽量スプーンが違う

偽物は付属品である計量スプーンが安っぽい作りになっています。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=mxLb0O2-9q0

正規品が左で、偽物が右側の軽量スプーンです。

本物は、底が透けるような事はなく根本が太めになっている形状となっています。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=mxLb0O2-9q0

一方、偽物の計量スプーンは持ち手部分は幅に変化がなく、底の部分は指が透けて見えるような薄い作りになっています。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=mxLb0O2-9q0

付属品一つとっても、偽物は粗悪な作りになっているという事ですね。

溶けやすさ

本物と偽物を水に溶かして比べると、溶けやすさにも違いがある事が判ります。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=XCGJBf27mug

同量をコップに入れて、軽く揺らしただけでも上図のように違いがあります。左(本物)は水全体に溶け始めているのに、右(偽物)はほとんど溶けずにコップ上部に浮かんでいます。

フォークでかき混ぜると、本物はしっかりと溶けてフォークに溶け残りがほとんど付着しません。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=XCGJBf27mug

ところが、偽物の場合はかき混ぜてもダマになって溶けにくく、フォークを引き上げると溶け残りがかなり付着します。


参照:https://www.youtube.com/watch?v=XCGJBf27mug

ゴールドスタンダードは、他のプロテインに比べて「溶けやすい」部類になるので、水に溶かした時に溶けにくいと感じたり、ダマが目立つ場合などは偽物かもしれません。

ゴールドスタンダード購入時の注意点

日本で散見する偽物情報に関しては、信憑性が低く「本当に偽物を買ってしまった」のか判断に困る情報が多いですが、海外では実際に偽物が横行しています。

日本で実際の被害報告は少ないものの、これから購入を考えている方のためにいくつか注意点をお伝えしておきます。

明らかに値段が安すぎる商品は要注意

例えば、コストコで販売されているゴールドスタンダードなら、2.8㎏で¥8,980円ほどです


参照:https://todayscostco.net/protein/

アイハーブの場合なら、2.27㎏でおよそ\7,000円前後という価格設定となっています。


参照:https://jp.iherb.com/

もちろん、内容量が違えば価格も変わるので「安すぎるから偽物?」と思ったら、単純に少量サイズだったなんて事もありえます。

目安になるかは判りませんが、コストコの場合なら100gあたり320円程度、アイハーブなら100gに換算すると308円程度となっています。

コストコ アイハーブ
内容量 2,880g 2,270g
価格 8,980円 7,000円
100g換算時の金額 約320円 約308円

上記2店舗は日本国内でゴールドスタンダードを安く購入できる事で知られていますが、もし100g当たりの金額に換算した時に200円や250円など明らかに「安すぎる」価格設定になっていたら偽物の可能性が高いと言えます。

信用できる購入先を選ぶ

大手通販サイトには、「個人事業主」や「中小企業」なども輸入品を販売する店舗を開いています。

もちろん、良心的なサイトがほとんどですが、中には悪質な販売サイトも存在しています。

やはり、確実に正規品を購入したい場合はアイハーブやコストコを利用したり、大手通販サイトを利用する際も信用が出来るショップを選んで購入するようにして下さい。

ゴールドスタンダード偽物の見分け方!成分や賞味期限の表記の違い アイハーブは危険?:まとめ

ゴールデンスタンダードを愛用している方や、プロテインを変えてみようかなと考えていた人にとっては、偽物の噂があると購入するのが不安になってしまうものです。

結論として、日本ではゴールドスタンダードの偽物が出回っている事例はほとんど無く、信用が置ける販売ルートから購入している分には「安全である」と言えます。

悪質な個人ショップや、胡散臭い海外のサプリ販売サイトなど、購入先によっては日本に居ながら偽物を手にする可能性はありますが、目先の安さに惑わされず購入先を選べば被害に遭う危険性はほぼありません。

もし、怪しいサイトや届いた商品に違和感を感じた時は、今回紹介した偽物を見分けるポイントをチェックして真贋を確かめてみて下さい。

当記事が少しでも皆様の生活に役立てば幸いです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください