ハトムギ化粧水は肌荒れやアレルギー反応が出るやばいものだった!?花粉症の人は大丈夫?

プチプラ化粧品として何かと話題のハトムギ化粧水。

興味を持っていざ検索してみると・・候補にあがる「アレルギー」の文字。

もしかしてハトムギ化粧水ってヤバイの?

今回は、そんな不安を解消するべくハトムギ化粧水とアレルギーの関係性について調べてみました。

  • 花粉症の人は使っていいのか?
  • 肌荒れやアレルギー反応が起きるのか?

ハトムギ化粧水を使ってみたいけど不安がある、という方は是非とも参考に役立ててくださいね♪

ハトムギ化粧水でアレルギー反応は起きるのか

まず、最も気になる点としてハトムギ化粧水でアレルギー反応を起こす事があり得るのか?についてお伝えします。

結論から言うと、ハトムギ化粧水でアレルギー反応を起こす人はいる、となります。

ただし、大抵の人は気にしなくても良い事も付け加えておきます。

ハトムギ化粧水は、その名が示すように穀類のハトムギから抽出した「ハトムギエキス」が配合されています。

参照:https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_04418.html

天然由来の成分で、安心して使える化粧水なのですが【麦アレルギー】や【イネアレルギー】を持っている方にとっては、アレルギーを引き起こすアレルゲンが含まれる化粧水となります。

改めて結論を言うと

ハトムギ化粧水は麦やイネアレルギー体質の方はアレルギーを起こす

もし、麦アレルギーやイネアレルギーを持っている事が事前に判っている場合は、ハトムギ化粧水は使わないようにしましょう。

アレルギー繋がりで連想するのが「花粉症」です。

続いて花粉症の人はハトムギ化粧水を使っても大丈夫なのか、という点について解説していきます。

花粉症の人はハトムギ化粧水を使えるか

花粉症を患っている方は、ハトムギ化粧水でアレルギー反応が起きるのでは?と不安になってしまいますよね。

花粉症の人でハトムギ化粧水を使えるかどうかですが、自分が何の植物をアレルゲンとした花粉症なのか?を一つの判断基準にしましょう。

スギ花粉やブタクサによって引き起こされる花粉症の場合、ハトムギ化粧水を使用してもアレルギー反応を起こす可能性は極めて低いと言えます。

逆に、同じ花粉症でもイネ科の植物であるカモガヤやホソムギなどがアレルゲンの場合、ハトムギ化粧水を使用するとアレルギー反応を起こす可能性が極めて高い、と言えます。

自分が何をアレルゲンとした花粉症なのか判らない!という方は、耳鼻咽喉科でアレルギー検査を受ける事で、アレルゲンを特定する事が出来ますよ。

アレルギー検査には、保険適用のView39という39項目(イネ科のカモガヤも含まれる)を調べる方法や保険適用外で特定のアレルゲンを選んで調べる方法などがあります。

東京の病院で調べた所6000円くらいでは受けることができるみたいですね!(病院により異なるので確認してくださいね)

病院によって、アレルギー検査の方法や取り扱う検査法が異なるので、調べてみたい方は最寄の耳鼻咽喉科で確認してみましょう。

ハトムギ化粧水で肌荒れが起きるのか

ハトムギ化粧水は、低価格・大容量でありながらスキンケア効果やニキビの改善に効果がある、という声が多い中で少数ながら肌荒れを起こしてしまったという声もあります。

イネや麦のアレルギーが無い場合、肌荒れを起こす原因を特定する事は出来ませんが、体質や肌質など人によっては合わない人が居る事も確かです。

ハトムギ化粧水を使用して肌荒れを起こす要因として

  • エタノールによる刺激
  • 合成ポリマーによる影響

などが考えられます。

ハトムギ化粧水にはエタノールが含まれています。

敏感肌の人は、エタノールの刺激でも反応して肌荒れを起こす可能性があります。

また、化粧品(ファンデーションなど)に含まれる合成ポリマーもハトムギ化粧水には含まれています。

合成ポリマーは、お肌の保護や毛穴を目立たなくする効果があります。

その一方で、毛穴を塞いでしまうという作用もあるため、合成ポリマーによって毛穴が塞がり肌荒れを起こす、という可能性も否定できません。

相性、と言ってしまえばそれまでですが、ハトムギ化粧水が体質的に合わない方がいる事も事実です。

安心してハトムギ化粧水を使うための方法を最後に紹介します。

ハトムギ化粧水の使用前にやっておきたい事

アレルギー体質や敏感肌など、ハトムギ化粧水には興味があるものの、肌荒れやアレルギー反応が起きるのでは?と不安な方は、使用前にパッチテストを行いましょう。

パッチテストの方法

  1. 腕の内側を良く洗い、充分に乾かしたらハトムギ化粧水を10円玉サイズに塗ります
  2. まずは塗布から30分後に異常がないかを確認します。
  3. 異常が無かった場合は、そのまま48時間様子をみます。
    ※入浴時も、パッチテスト中はなるべく濡らさない

パッチテスト開始30分後のチェックで、お肌に異常(赤くなる・痒い・痛いなど)があった場合は、すぐに塗布した部分を石鹸などで洗いテストを中断しましょう。

濡らさないようにと絆創膏を貼ると、正確に判断できなくなるため貼らないようにしましょう。

パッチテストで皮膚に異常が認められない事が確認できれば、アレルギー反応や肌荒れを心配せずに安心して使用できますよ。

但し、顔の皮膚はデリケートなので体調変化や環境変化によって、突然お肌に合わなくなる可能性もあります。

使っていて異常を感じた時は、すぐに使用を控えるようにしましょう。

ハトムギ化粧水とアレルギー・まとめ

ハトムギ化粧水は、コスパが良いプチプラスキンケア商品として優れた効果を発揮します。

イネアレルギー、麦アレルギーを持っている方や、極度の敏感肌の方でなければ安心して使う事が出来ると言えます。

敏感肌で不安がある方は、使用前にパッチテストをして安全を確認してからハトムギ化粧水を使うようにしましょうね。

当記事が少しでもお肌を気にするあなたのお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください