雨の日でも夜景が見れる日と見れない日の条件の違い!スマホ撮影やドライブは大丈夫?

夜景デートや夜景の写真撮影は、自然の美しさとは違った人工的な美がありますよね。

でも、せっかく予定を合わせて大事な休日を使って夜景を観に行き、その日の夜が【雨】だった日には泣くに泣けません。

しかし、雨だからと言って夜景を諦める必要は無いかもしれません。

今回は、雨の日と夜景の関係性について詳しく紹介していきますね!

雨の日に夜景は見える?見えない条件との比較も

まず、雨の日は夜景を見る条件として本当に適していないのでしょうか?

雨の日に夜景を楽しむ状況を、肉眼で楽しむ夜景デートと写真撮影の2パターンに分けてそれぞれ解説していきます。

雨の日の夜景デート

結論から言うと、肉眼で夜景を楽しむ夜景デートの場合は「どこで夜景を楽しむか?」によって大きく変わってきます。

例えば、貴方が山の上から遠くの夜景を楽しみたい場合は夜景を楽しむのは難しいかもしれません。

【高い位置】から【遠い距離】の夜景を見る場合、雨で光が乱反射したり、車内から見ようとしても窓に付いた水滴が邪魔になってしまいます。

引用元:http://hiro9999.com/post-296/

同じ高い位置から雨の日に夜景を見るケースでも高層ビル内から夜景を楽しむ場合はどうでしょうか?

夜景デートスポットとして、高層ビルやタワー内にある【夜景が見れるレストラン】などをセレクトした場合は雨の程度や気象状況次第では、雨でも夜景を楽しめます。

例えば、関西圏の方であれば夜景スポットとして思いつくのは「あべのハルカス」でしょうか?

あべのハルカスは、約300mの高層ビルで夜景を楽しむデートスポットとしても人気です。

あべのハルカスで雨の日に夜景を見ると

引用 :https://510kara.com/delight/abenoharukasu/2017/01/20/

意外にも、雨の日も綺麗に夜景が見れます。

しかし、雨足が強い場合や風などで窓に水滴が多いと


引用元:https://510kara.com/delight/abenoharukasu/2017/01/20/

やや視界不良になる事もあるようです。

また、関東圏にお住まいの方なら日本一高い建造物であるスカイツリーから夜景を楽しみたいという方も多いと思います。

雨の日にスカイツリーから夜景を撮影した模様をツイートしている方がいましたので紹介します。

ツイートした方は、「まるで魔界のよう」と表現していますが、地上から高すぎる事もあってか、霧で視界が悪くなってしまっています。

ちなみに、ツイートしている方は「雲が下にある」とつぶやいていますが実際は、画像で雲のように見えているのは霧と呼ぶ方が正しいでしょう。

普段、私たちが見ている「雲」は地上からおよそ2,000m以上高い位置に出現しています。

高い位置にある雲になると、地上からおよそ13,000mも上空にあります。

とは言え、霧も雲もその正体は水蒸気や水のツブ。

霧がかかった夜景も、ある意味では絶景かもしれませんが夜景デートで彼女と一緒に見る景色としては出来れば避けたいですよね。

霧の正体は、前述した通り「水蒸気」です。

いくつか種類があり、詳しく記述すると長くなってしまうので簡単に発生条件をお伝えしておきましょう。

霧の発生条件を簡単に説明すると「湿った暖かい空気が急に冷える」この条件を満たした時に発生します。

つまり、日中の気温が高く夜に突然雨が降り出してしまった。

このような日は、霧が発生する可能性が極めて高いと言えます。

放射霧という霧の場合は、昼と夜の寒暖差が大きい場合に雨とは関係なく発生する霧なので、晴れていても油断すると霧でせっかくの夜景が見られない、なんてことになってしまいます。

高層ビルなどから夜景を楽しむ際は

  • 雨が激しく風が吹いている時
  • 寒暖差が激しく霧が発生する可能性がある時

以上の条件を満たしてしまうと、綺麗に夜景を楽しめない可能性があるため雨の日の夜景デートでは注意しましょう。

続いて、雨の日に夜景を楽しむ方法として視点を変えた楽しみ方を紹介します。

引用元:https://www.yakei-kabegami.com/

上記の参考画像を見ても判るように、肉眼で夜景を楽しむ場合であれば高すぎない観測地点から、見上げるようにする事で雨の日でも綺麗な夜景を楽しむことが出来ます。

デートで夜景を楽しみたいのに雨が降ってしまった!

そんな時は、視点を変えてイルミネーションなど地上からでも楽しめる夜景スポットに足を運んでみてはいかがでしょうか?

雨の日に夜景を写真撮影する

肉眼で夜景を楽しむ場合、雨の日は場所を考慮する必要がありますがカメラ撮影の場合はどうでしょうか。

肉眼とは違い、カメラで夜景を撮影する場合は雨という条件を逆に利用する事も出来ます。

本来、撮影したかった夜景のイメージとは少し違うテイストの写真になってしまいますが「雨の日だからこそ撮影できる夜景」と、いうものもあります。

引用元:http://ikppgarage.blogspot.com/2014/04/part3.html

肉眼では無く、カメラだからこそ撮れる雨の日だけの幻想的な夜景写真。

次項で雨の日に撮る夜景写真について詳しく解説します。

雨の日に夜景が見える場合はスマホで撮影は可能?撮影の方法も

雨の日だからこそ特別な夜景が撮影できるチャンスでもあります。

ここでは、雨の日の夜景撮影における簡単なテクニックや方法について紹介します。

雨の日に夜景撮影・カメラ設定

普段、カメラの撮影をオート設定にしている方は以下の事に注意して撮影してみましょう。

  • シャッタースピードを遅くしてみる
  •  F値が小さいレンズに替えてみる
  •  ISOの感度を上げてみる

写真撮影に自信が無いよ!という方でも今やデジタルカメラの時代ですから上記に注意しながら調整しつつ何枚も撮影してみましょう♪

スマホ撮影でも簡単に出来る撮影テクニック

本格的なカメラを持っていなくとも
雨の日ならではの夜景写真は撮れます。

それは、雨によって出来る水たまりを利用する方法。

引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32074680R20C18A6000000/

水たまりに光が反射して幻想的な一枚がスマホでも簡単に撮影する事が出来ますよ。

雨の日に夜景を見るドライブや食事は女性はどう思うの?

夜景を目的としたドライブデートで雨。

その時、女性はどう思うのでしょうか?

もちろん、貴方の「綺麗な夜景を見せたい」という気持ちは女性だって嬉しいハズです。

しかし、せっかくのデートに向けてオシャレなコーデや化粧などの準備をしている以上、雨に打たれてしまう状況で夜景を見るのは得策ではありません。

水滴が付いた窓越しに見る夜景も幻想的でキレイ!と言ってくれる彼女なら良いですが一般的には雨天時に柔軟な対応でデートプランを変更してリードしてくれる男性に女性は惹かれるものですよ♪

ちなみに、デート中に雨があがったら美しい夜景を見る大チャンスです!

雨は、大気中に舞うホコリや排気ガスを地上へと洗い流す作用があります。

つまり、雨上がりは夜景を邪魔する障害物が無く最も美しく夜景が見れるタイミングとなっています。

デート前に雨が降り続くのか、途中であがるのかをチェックして彼女に最高のデートをプレゼントしましょうね。

雨の日でも夜景が見れる日と見れない日の条件の違い!まとめ

雨の日に夜景を見る際は、肉眼かカメラ撮影かによって大きな違いが生じます。

雨の日でも工夫次第では綺麗な夜景を楽しむことや雨の日にしか見る事が出来ない特別な夜景を楽しむことが出来ます。

夜景を見る予定なのにあいにくの天気だとしてもデートや写真撮影を諦めずに逆に楽しむために当記事が少しでも役立てば幸いです。

是非、雨の日でも夜景を楽しんでくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください